Statement of “Nude Unidentified”

Statement of “Nude Unidentified”

Relationship between anger and nudity

This project is an expression of anger by the models and me.

Initially, this project started with the motivation to simply express a woman’s body beautifully in monochrome.
Women who responded to the call for the test shooting are not particularly models.
When asking why they did not mind a pressure-sensitive nude shooting, they responded being confident with nakedness but not having had the opportunity to show themselves. That’s why I’m glad that they were shot under conditions that kept secrets like this.

 In the Japanese society, nakedness was originally avoided.
The authorities have continued to work against publications of photography showing pubic hair until the 1990s. Although regulations have somewhat relaxed at present, the situation has not changed fundamentally.
I think the reason why naked pictures and images are evaded in Japanese society is due to the unique perception that Japanese people have about nakedness.
And in Japan, women exposing themselves to nakedness are often depicted as not being a first-class citizen in the sense of a “healthy” social life.

Being aware that one’s nakedness is beautiful to the general public, and being confident is something that can withstand appreciation. However when appearing in the world with a face in it, it will result in being treated as a lower as second-class citizen.
Such unreasonable conduct is common in Japanese society, and taking nude pictures is a huge risk.

On the other hand, I, Van Sadayoshi am in the position of turning from a commercial photographer to a photography artist.
I myself, while working to spread the fun of photography on the internet, was suddenly being targeted by a number of passionate “anti” people.
They (the actual gender is unknown, but probably all are men) check every time I do something, even if legally fine. In light of ethical standards, they condemn me for being bad and politely made a website to argue that “this is wickedness”.
Regardless of their motivation, they devour my existence, and keep looking for something they can use to slander me with.

I discussed with the women who took the test shoot, that once she was going to expose her nakedness and face as a set, some curious “friends” would probably try to destroy their stand in society. I remember them becoming very angry about this situation, a common ground I also am upset about.
Thus, the theme of Nude Unidentified was decided.
To take beautiful pictures of the body of a woman living in the Japanese society.
At the same time, hitting a clear NO to the people who try to connect and impact the owners of the naked body socially negatively.
The women who actually did the modelling, are women living in the Japanese society. But they are no one, nowhere.

Also, at the stage of the shooting, it showed that it works as a kind of touchstone on how the viewer treats the nakedness of women, depending on how they see and feel a series of photos taken. It is a renewal of our desire to pursue social issues that will be exposed in the future.

 

 怒りとヌードの関係

 このプロジェクトは、モデルたちと私による怒りの表明です。
当初、このプロジェクトは単純に女性の体を美しくモノクロで表現してみたいという動機からスタートしたものでした。

 テスト撮影に応じてくれた女性はとくにモデルというわけではありません。
 なぜプレッシャーを感じるヌード撮影に応じてくれたのかと訪ねたところ、自分の裸には自信があるが、表に出す機会がなかった。だから今回のように秘密が守られる条件で撮ってもらえたのは嬉しい、というのです。

 日本の社会では、もともと裸が敬遠されてきました。
 恥毛が写り込んだ写真を撮り、公開しただけで当局より摘発される自体が1990年代まで続いており、現在では多少規制がゆるくなったものの、根本的には変わっていません。
 日本の社会で裸の写真や映像が忌避されるのは、そこに日本人が裸に対して持っている特異なイメージが原因であろうと思います。
 そして、日本で女性が裸を晒すことは、彼女が裸を見せず、”健全な”社会生活を営む一級市民ではないという説明として使われることになってしまうのです。

 自分の裸が世間一般でも美しいものであるという自覚があり、またそれが鑑賞に耐えるものだという自負もあるが、顔の写った状態でそれが世間に出てしまうと二級市民として一段低い扱いを受けてしまう。こういった理不尽が日本の社会では当たり前であり、ヌードを撮らせるのは大変なリスクを伴うのです。

 翻って私、伴貞良は商業カメラマンから写真家に転身しようとしている立場です。
 私自身、インターネットで写真の面白さを広める活動をしているうち、いつの間にか熱烈な「アンチ」と呼ばれる複数の人間に付け狙われるようになっていました。
 彼ら(実際の性別は分からないが、おそらく全員が男性でしょう)は、私が何かをするたびに、いちいちチェックをし、たとえ法的に何も問題ないことであっても、彼ら独自の倫理観に照らし合わせて私が悪いと断罪し、ご丁寧にWEBサイトまで作って「これは極悪非道である」と論います。
 彼らは、動機はどうあれ、私の存在をうとましく思い、私の投げる情報からこちらを攻撃できるものをピックアップしようとし、また実際に何か見つけたと彼らが感じれば、それを使ってこちらを誹謗中傷してきます。
 私は、テスト撮影に応じてくれた女性が、ひとたび裸と顔をセットで世間に晒そうものなら、社会性に欠けた野次馬根性の輩が写真から拾える限りのヒントを拾い、彼女の持っている社会とのつながりを破壊しにやってくるという話に、自分の境遇との共通点を見出して激しく怒りを覚えました。

 こうしてNude Unidentifiedというテーマが決まりました。

 日本社会で暮らす女性が持つ肉体を美しく撮ること。
 同時に、裸と裸の持ち主を、頼んでもいないのに社会的に結びつけようとする野次馬根性に明確なNOを叩きつけること。
 実際にモデルをやってくれたのは日本社会で暮らす女性たちです。しかし彼女たちは誰でもなく、どこにもいません。

 また、撮影を進める段階で、撮影された一連の写真を見てどう感じるかによって女性の裸を鑑賞者がどう扱っているかという一種の試金石としても働くのが確認されており、今後も裸によって暴かれる社会の問題を追い求めていきたいという思いを新たにする次第です。