名人伝

 おはようございます。つって気づけばもうすぐ昼ですね。

 中島敦に『名人伝』という短編がありまして、わたくし中島敦のファンなのですが、その中でも技術論を話題に出すたびに常に思い出すのがこれであります。

 青空文庫で読めますし、短編ですので是非。

 この名人伝、内容としてはコミカルで荒唐無稽なのですが、技術を突き詰めていくとこういう経過をたどるだろうなあ、というのを端的に表している気がします。

 アホみたいに反復練習を繰り返し、精度を高めていくと、その果てに「敵を射殺す」という目的以外の目的が見つかってしまう。これこそ人間と技術のありかたではないでしょうか。

 つまり写真でいえば、化学反応によって、レンズ越しに対象を詳細に記録することが目的だったはずです。というか現在も運動会需要ではそうですよね。

 しかし写真芸術なんて大きな名前で呼び表されるように、写真が主観を帯びることで、単に「写っている」だけでは済まない領域がドアを開けてしまったりします。

 虎の穴の皆さんはもちろん、単なる記録の先にある可能性を自らの手で開いてみたくで門を叩かれたと思います。

修行

 わたくしよく「修行」という表現をしますが、やはり修行というのが写真の技術を磨いていく上ではぴったりだと思います。

 10回やった人が上手くいったとしても、まぐれです。次の1回はきっと失敗する人です。それと10万回やった人が平均値を上げる戦いをするのでは全く話が違います。

 つまり、10回やった人は「上手くやる」ことを目的にしているのだと思いますが、10万回繰り返している人は、繰り返している過程において既に別の課題を見つけているはずですから、「上手くいくかどうかが問題ではない」ところに到達しているはずなのです。

 そういうふうに、ある意味、当初の目的を見失って技術に邁進するのを修行と呼ぶのがぴったりだな、というふうに思います。

 実は私の喋り方も、起承転結でしゃべらないようにしています。いちおうオチをつけて伏線を回収して、と出来ないこともないのですが、噺家さんではありませんし、技術論を話す技術として、ストレートに淡々と当該のテクニックについて話したところで、それは耳学問のレベルであって、実際に役に立つ関連付けができるとは思っていないんですね。

 ですから、皆さんにスナップを推奨するのも同じことで、何か一つのテクニックを身につけるのも大事なのですが、そこに至るまでに経過する無駄なことと一緒に積み上がっていることが何より大事だと思うのです。

アート系

 わたくし最近写真作家側であれこれ考えて動いておるのですが、写真の技術を積み上げてきたことはまったく損になりませんでした。

 写真作品を作るのって、いわば自分の中のディレクター部分が、自分の中のカメラマン部門に向かって「こういうの出来る?」と問い合わせるところがあるんですね。

 そうした時、技術部門の私は「ええ、技術的には可能です」と常に答えることができます。これは技術を延々とやってきたおかげでして、これはおそらくアート側でやっていくのに強い助けになってくれることと思います。

 ここでいう技術というのは、構図を作る能力に集約されるんではないかなと思っています。

 ピントであったりというような機械の部分は、皆さんの写真を見ていても別に問題ないものばかりですよね。機械が助けてくれる部分は機械に頼ってしまって良いんです。AF否定しません。

 ですが、人間が何を考えて撮ったのかというのは結局構図で語られるものですから、写真の技術というのは構図に集約されていくのだと思います。

 それも単純なものからより複雑に構成要素をコントロールできるようになっていくのではないでしょうか。いやこれは私も挑戦中なので分からないですけどね。複雑なものをコントロールしきってシンプルな形に落とし込む形になっていくんではないかと予想しているんですが、それはそれで修行が必要です。

たのしい修行

とまあ

 なんだか難しそうな話になりましたが、基本は単純です。

「よけりゃ良い」

 んです。
 とりあえずは、自分や自分と感性が近い人達が見たときに大丈夫な写真を目指しましょう。あるべきものがあるべきところに写っていてれば大丈夫です。一筋縄でいかないのはよく分かりますが、どんどんやるしかありません。

 そして、そのアホみたな反復練習の間に、それぞれ写真の中でテーマを見つけます。だからこその修行という表現です。

 最終的には、皆さんそれぞれの人生が反映された写真の形になっていくと思います。それが作品というふうに私は認識しています。

 皆さんが作品を撮るための体力をつける修行! そのためのスナップ! という感じですね。期待しています。

 それではまた!

どうも管理人です! プロフィールが新しくなりました。項目ざくざくご入力くださいね~
投稿を作成しました 315

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る